>

自費診療が高額になりがちなのはなぜ

高いには理由がある

見た目を気にする人にとって、口を開けた時に見える人工歯は気になって仕方ないかもしれません。
接客するからより自然に見せたいと思う人もいるでしょう。
自費診療で白い材質といえばセラミックが挙げられます。
加工の違いで値段にはかなりの幅がありますが、平均して1本あたり10万円前後といったところでしょうか。
本数が必要な人にはかなりの高額になりますが、材質が強く見た目も自然な仕上がりのものが多いので、自費診療でも構わないと思う人ならば納得できる仕上がりになることでしょう。
見た目だけではなく耐久性もありますし、金額にはメンテナンスも含まれている場合があります。しかも仕上がりは歯に近い色なので、金属より目立ちにくいというものです。
高額にはそれなりの理由がありますね。

それでもあまりお金はかけたくない

でも、白いものは保険がきかなくてすごく高額になるイメージだし…と躊躇してしまいますよね。
実は保険適用される白い材質のものもあるのです。
レジンという言葉、最近アクセサリーをハンドメイドする人には耳なじみがありますが、それも歯科治療に利用されています。
しかも仕上がりは歯に近い色なので、金属より目立ちにくいというものです。
こちらは1本数千円からとかなり安価になります。
見た目は気になるけれどそんなにお金をかけられないという人向けかもしれません。
ただし、材質的に耐久性に欠ける部分もあり、数年後に再治療という可能性もあります。
保険適用にするか自費診療にするかは迷うところですが、耐久性や料金の説明をしっかり受けて、総合的に判断しましょう。
また、歯の部分によっては保険適用外になりますので注意が必要です。


この記事をシェアする