歯科医院における保険適用と自費診療の違い

歯科治療の金額の違いを知ろう

保険適用と自費診療の違いとは

虫歯が痛みだしてから歯科医院に通うという人が多いことでしょう。
あの歯を削る音が嫌いでどうしても勇気が出ずに我慢していて、辛抱できなくなって行ったら治療に時間が掛かってしまったなんて経験もあるのではないでしょうか。
あまり放置しすぎてしまうと、歯を抜いて入れ歯にしなくてはいけない事態になってしまいます。
そうすると時間もお金もかなり必要になることも。
そもそも歯科治療には高額な請求がつきものというイメージがあります。
でも料金には保険適用と自費診療がありますが、その違いはご存じでしょうか。
治療する内容・種類によっては保険適用外のものもあり、支払い段階でかなりの高額になることもあります。
もちろん、歯科医院側は患者に対して治療計画と保険適用内で行うかどうかの説明・意思確認をすることが必要ですし、いきなり何十万もの請求をされることはありません。
なんとなくですが自費診療の方が仕上がりがきれいだと想像しますよね。
また、審美目的ではなかったとしても最善と思われる治療方法が自費診療になってしまうというケースも考えられます。
自分が思っていた治療が保険適用外と聞かされて迷ってしまうこともあるかもしれません。
自費診療は高額だというイメージですし、実際そうなのですが、高いのにはちゃんと理由もありますし、人によっては保険適用よりも最適な場合もあります。
ここでは保険適用と自費診療の違いを見ていきましょう。
最後は歯科医院によって値段が違う理由も少し触れておきます。